いつまでも、走り続けていこう!
スケジュールはここから!
ここをクリックで予定帳がひらくよ
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Profile
NewEntry
Category
Archives
Comment
Search
Link

twitter
べをフォローしましょう
Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012.05.24 Thursday 
- -
 
 
 いやーブログリレーもいよいよ〆です。個人個人の思いも伝わり改めて「絆」の大切さを感じました。 それぞれの文章も個性があり最高でした。簡単に振り返ります。
オープニングは智。 さすが感動王!今回は自転車で伊東まで行くという職場では味わえない荒波に自ら手を挙げ参加し、翌日にはダイビング、2度ほど泣いたそうです。帰り道では人生論を多恵子さんに語る,剛腕ぶり.そして最高のKY。「紅白で言うならトップバッター東方神起(とも)の後に取りのさぶちゃん(幹事長)を指名するようなもんだ」とクイックさんの言う通り!!わらかしてくれました。

そしていきなりの指名の幹事長。忙しい仕事の合間で記事を書く方法は、子どもに戻るしかなく、作文にとりかかり、前編後編と楽しくおかしく、時には可哀想な感じで読ませていただきました。とにかく愛ちゃんの事を気に掛ける姿はお父さん以上でした。が やはりそれに答えない愛ちゃんはここでも健在です。「当然2日目ものおみおくりは無し」という言葉が身にしみます。

3走はへたれで有名なたへさん。たえでは無いので・・たへの時にへたれが起きるそうです。今回は旦那の分まで楽しむと言いながら合宿に参加、人生初のダイビング、波に乗れないまま、波に飲み込まれた形で、波打ち際で見学。という波だ(涙)無しでは語れないのは私だと、とも君に叫んでました。実技
続いて きよちゃん。
teamべっしゃんのムードメーカーの1人。33才を過ぎ結婚に焦りを感じる今日この頃
枯れかけていますが、カレし募集中です。そうそう後輩まゆみちゃんもカレし募集中でした。まー彼女は心配ないですが・・・チームべっしゃんのみなんさんきよちゃんに愛の手を・・・

続いてはクリック笹、結局自転車では行かずに、小田原合流もせずに、夫婦でのんびりサイクリングに変更。すれちがう人は皆思わず、立ち止まり手を合わせてしまう、お地蔵サンの様なキャラ。
昭和のおもむきを大事にする1枚。

続きは嫁のさっちー。この夫婦のバランスは非常によく、旦那を立てることは無く、嫁を思いやる旦那の姿も無いという。まさに昭和を代表するような夫婦です。そして会話が無いのが救いのようです。
が、合宿の前ではレンターカーを借りるか借りないかのでもめ、いつ別れても良い状況。崖があれば落とされるような経験もしました。崖のある伊豆の海を走らなくて正解です。
約1ヶ月にわたるブログリレーもいよいよラストスパートです。

続いて今回、初自転車班としての参加ゆずる。W大学のハンドボール部主将を務め、優秀選手賞もいただいた事のある、本物のアスリート! だった。今は見る影もない。
しかし、殆ど乗ったことのない自転車でいきなり、酷暑の中、伊東まで行く根性はさすがです。余談ですが現在男3人でモーホーハウスに住んでいる為これ以上彼氏はいらないそうです。

そして今回家族全員で参加したかさはらさん。朝方メールが入り、何時に集合ですか?どれくらい走りますか?と・・・水中班が7時には出発になってしまったので、みんなで走ることはないです。と伝え、結果朝から1人で20キロほど走ったそうです。合宿ですもんね。

そして、今回超ハードスケジュールにもかかわらず参加した。 姫 愛ちゃん。静岡での仕事を終わりどうにか花火には間に合って到着。翌朝は8時にはまた出勤。久々に元気な顔が見れて、みんな喜んでました。(幹事長除く)

ほんとしゃれで始まった teamべっしゃん がこんなにも広がりをみせ、絆が深まり、楽しめました。これからも色々な企画を考えたいと思います。 ホントに良い経験ができました。 teamのみんなありがとう!! 今回参加出来なかった、teamの方々も是非次回は一緒に楽しみ魔性。

We are besshan!!

これからも、よろしく!!



2010.09.14 Tuesday 00:22
10合宿 comments(4)
愛子です
 みなさん、こんにちは!!今回、初めて日記を書きます愛子です(*^^*)
もう、べっしゃん合宿から1ヶ月以上経ちましたねぇ。
早いものです。。。

今回の合宿の一番の思い出は、伊東から出勤したこと!!!笑笑

いやいや、もちろん伊東での花火大会とかママさんたちとのお風呂、夜のお疲れさま会……
いっぱいいっぱい思い出はありますが、何より朝食後マスター達に「いってらっしゃい!!!」と言われ、「いってきます!!!」と返事し、朝の日差しをガンガンに浴びながら伊東駅に向かったあの時…。

夏真っ盛りの8月1日は、本当に心がウキウキするような日で、そんな時に静岡に戻って洋服を売るなんて…(T-T)(T-T)
私も海で泳ぎたかった!!!泣

来年(ありますよね?!)こそは、偉くなって有給使いまくりで全日程参加目指します!!

弾丸ツアーのような合宿でしたが(笑)
本当にほんとーに、学生じゃなくなり社会人になっても熱くなれるものがある!っということを再確認できた行事でした(*^^*)
静岡に居ても、声をかけてくださったマスターや田中さんに本当に感謝でいっぱいですm(__)m!!!

本当に、この子は誰だっけ?って思われてしまうほど、べっしゃんに通えなくなってしまいましたが、ガッツリ名刺は貼らせて頂いてるので、ご確認下さい(^o^)笑
むしろ、私より母の方が出現率が高いのでそちらでもご記憶下さい♪笑

そんなこんなで日記を書いてみましたが、全部自分のことばっかり(^^;
それでは申し訳ないので、他にいくつかある思い出を☆
その1
たくみ君、はると君が男らしく成長していたこと!また会ったときもお話できるといいな(^^)v

その2
まりあちゃんの、マスター(父)に対する扱い(笑)
本当に、自分の姿を見ているようでした(^^;

その3
ゆずるさんの、一人線香花火。
さぁてみんなで線香花火大会♪って時に「俺、もういっぱい線香花火やった。」の一言(笑)
私は、一人で黙々と線香花火してるゆずるさんの背中を知っています(笑)

その4、その5と続けれますが、あまりダラダラ長く書いてもいけないので、今日のところはこの辺で(^o^)/

最後に、チームべっしゃんのログインの仕方を忘れ、教えてもらったのになお出来ず、メールで送信して載せてもらっている私…
マスター。本当に何から何までありがとうございますm(__)m
お礼は、私のいつかするであろう結婚報告までお待ちください!!笑

それでは!
次はマスター、お願いします(^-^ゞ


2010.09.11 Saturday 21:44
10合宿 comments(3)
夏がっしゅく。
 ゆずるさん、べっしゃん、みなさん ご指名を受けながら遅くなりまして大変失礼致しました。
かさはらです。

自転車の話題に割り込みさせていただき、それでは さらっと参ります!


ホテルの予約は今年の1月だったかと。べっしゃんからお誘いの声がかかり、我が家は「みんなで参加」ということで、1部屋予約しました。
そして、7月の末・・・暑い夏がやってきました。
合宿という響きが、私には なんとも楽しみで

・・・何を持って行こうかな
・・・合宿だから、猛烈に走ったりするんだろうな
・・・1泊で飲み放題、これは忙しい
・・・朝練は何するんだろ

と、勝手に高校の頃を思い出して盛り上がっていました。

そして、直前の週末、べっしゃんに久しぶりにお邪魔して最終確認。
夏合宿は、いろいろな班で自由な感じで楽しむ感じとのこと。

我が家では、二日目の午後、東京で用事がある娘がいたので、
1日目をフルに使うことにし、早朝3時過ぎに出発。
赤沢海岸には6時に着き、少し足を伸ばして7時には白浜まで。
ひさしぶりの夏・海・砂浜・を満喫しました

お昼過ぎに 伊東園ホテルに着くと、べっしゃん家族とべっしゃん達チャリ班の方々が到着していました。聞くところによると、ほんとに 東京から走ってきたらしい。
いやいや すごい。
としか言いようがない。

その後、夕食・卓球・花火見学と、みんなのパワーに圧倒されつつ、寝不足我等は爆睡。

次回は、是非 いろいろな班に紛れ込んで ゆっくり楽しんでみたいと思いつつ、一足先に東京に戻りました。

みなさんの楽しい記事と、写真はいつも楽しみです。
べっしゃんの人柄に集うチームべっしゃん。本当に貴重です
そして、きよみ先生はじめ、うちのチビの面倒をみてくださったみなさんに、あらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

バトンは あいちゃん へ。 よろしくお願いしまっす。







2010.09.07 Tuesday 20:32
10合宿 comments(3)
遅い遅〜い「べっしゃん合宿レポート」
 皆様こんにちは!
ホンモノ???の自転車班 ゆずるです。

楽しかったべっしゃん合宿から一ヶ月・・・。
とうとう僕までまわってきました(笑)。
いよいよ合宿レポートも24時間テレビのマラソンで言う「武道館前」といったところでしょうか!
ラストスパートという気持ちで書かせていただきたいと思います!

しかしながら、一ヶ月も経つと・・・
筋肉痛はなくなってしまったわけで・・・。
体重ももとに戻ってしまったわけで・・・。
富良野はもうすっかり冬になってしまったわけで・・・。
あの達成感も薄れてしまったわけで・・・って、いえいえ、忘れてはいませんよ!!!
東伏見を出発してから静岡の伊東まで自転車で走りきった達成感は何ともいえないものでした。
久しぶりに体育会系の血が騒ぎました!
ですが・・・大変お恥ずかしい話、こいつはホンモノだと鳴り物入りで入団したTEAMべっしゃん部でした。
しかし、マスターは常に豆粒・・・。何度も見失ってしまいました。
次回までには体を作り、マスターが常に豆粒ではなく豆くらいに見えるように頑張りたいと思います。


話はかわり、今回の合宿で一番感じたことは、やはり“なまか”っていいなと思いました。
幼い頃から、水泳・サッカー・バスケットボール・ラグビー・陸上・ソフトボール・ハンドボールと様々なスポーツを経験してきました。
そのほとんどはチームスポーツでした(陸上もリレーをやってました)。

一つの目標に向かって頑張る。
喜びを分かち合う。
助け合う。
励ましあう。
ときにはぶつかり合うことも・・・。


その共有した時間が自分の財産になりました。
一緒になって頑張った“なまか”が自分の財産になりました。

そして、このTEAMべっしゃんの“なまか”も自分の財産です。

感謝です!

TEAMべっしゃんの皆さんとこれからも熱くなりたいと思います!
体育会の人間は、熱くなれないと生きていけないわけで・・・。
お酒を飲む機会がないと生きていけないわけで・・・。
富良野はもうすっかり冬になってしまったわけで・・・(笑)。

というわけでこれからも宜しくお願いいたします!
(どういうわけ???(笑))


では、まだほとんどお話をする機会がありませんが、かさはらさんにバトンをお渡ししたいと思います!
近々、お会いできる日を楽しみにしております!

では、宜しくお願いいたします!!!

なんちゃって自転車班 ゆずるでした!


2010.09.02 Thursday 14:10
10合宿 comments(4)
TEAMべっしゃん合宿@伊豆
こんにちわ、さっちーです。

あまりにも久しぶりのため、投稿の仕方を忘れてしまい、約1週間前に相方よりバトンを渡されたものの、会社で原稿を書くこともできず今日になってしまいました

さて、そんな私の合宿ブログは、合宿の3日程前のササ家の夕飯の会話に遡ります

みなさんご存じの通り、ササ家といえば、結婚まだ5年目にも関わらず(いや、合宿に行く前は、4年目でしたが)50年くらい連れ添った夫婦のように会話がないのでございますが、その日は珍しくクリックがしゃべりはじめました

(クリック) 「伊豆から帰ってくる時のレンタカー代が、すっごい高いんだよ!
(さっちー) 言葉に出さねど(コイツ、さては自転車に乗りたくないな・・・
(クリック) 「ねぇ、聞いてる?レンタカーが高いんだってば!!」
(さっちー) (相手にすると調子に乗るので無視)

・・・それからしばらくの後、おもむろに、

(クリック) 「・・・ってかさ、オマエ、自転車乗れるの!?」
(さっちー) 「(ムッとしつつ)はい、乗れますけど
(クリック) 「だからさ、レンタカーが高いんだってば!」
(さっちー) 「うん。私は、帰り輪行でもいいよ」
(クリック) 「オレ、輪行、ヤダ

・・・それから、クリックの頭の中でどのような判断がなされたのかは知る由もありませんが、私が気づいた時には、当初、チャリ班だったササ家が、車で一足先に伊東に到着し、そこから小田原方面にチャリ班を迎えに行く・・・というプランに変わっていました。本人はチャリに乗る気マンマンなのに、”車の運転はできるけど、チャリに乗る気が3歩くらい後退している”人間の”ツルの一声”で、行動に制限がかけられてしまいました。こういう時、ゴールド免許保持のペーパードライバーは辛いところです。そして私は、クリックに対して”いつか見返してやる”といった気持ちが湧き上がりました

さて、実際の行動については相方が書いていますので割愛しますが、伊東で汗だくのチャリ班と合流し、伊東までの道のりを聞いた途端、チャリ班にしなくてよかったぁ・・・と心底思いました。・・・ってか、冷静に考えれば、ホンモノのべっしゃん+体育会系の若人2人に、性格だけが体育会系の私が、あの酷暑の中ついていけるはずがなかったのですから。物を知らないとは恐ろしいことです

でも、いつかは東伏見〜伊東の走行を実現してみたい!と新たな目標を掲げることができた、とても楽しい合宿となりました

なんて、かなり強引にまとめにはいったところで(笑)、水中班→ニセ自転車班と続いたブログ。次はホンモノの自転車班・ゆずるさん、お願いします!


2010.08.28 Saturday 17:24
10合宿 comments(3)
遅い合宿レポート
 お疲れ様です、クリックです。
この下に、「神宮外苑 EKIDEN 20Kエントリー」がありますので、
そちらもお見逃しなく。
さて、だいぶ時間が立ちましたが、キヨミ先生から引き継いだブログリレーで
合宿に関することを一言。

え〜カミングアウトします。
実は、当日まで伊東へチャリで行きたくて仕方がありませんでした。
残念ながら、帰りの足が無く、チャリは車に乗せて先に伊東へ着き、
そこからチャリで小田原まで逆走&合流するつもりでした。

しかし、当日に車で向かう道が、坂道ばかりです。
事前に平坦と聞いていましたが、フォレスターのエンジンが唸ってます。。。
おまけにトンネルの連続で完全に戦意喪失です

しかし、アクシデントが無い限り、小田原に向わなければなりません。
するとアクシデントが!(嬉)
7時ごろに宿に着きましたが、駐車場が満車で、付近にはコイン駐車場も
ありません。
グルグルと回って、ようやく駐車場を見つけた時には、小田原に合流できる
時間ではありませんでした。
これは、アクシデントで仕方がないと理由を付け、宿付近の平坦な道を
まった〜りとサイクリングし、その後、回転すしでビール2本ほど頂いてました。
次は、、、、いや、次こそ頑張ります。

バトンは、カミさん(サッチー)に渡します。


2010.08.22 Sunday 21:11
10合宿 comments(2)
伊豆合宿水中班アンカー
この度‘森ガール’こと…まゆみちゃん(森ガールとは田無の焼鳥屋店主がそう呼んでました。因みに私は…‘姉さん’だった)から、急遽引き継ぎました…
‘不憫で変な謎の水中生物’こと‘ゴッキーナ’
です。

さて、もう随分と前の出来事になってしまったような…伊豆合宿。
振り返ってみたいと思います。
私は今回、水中班で参加。が、この伊豆合宿企画がでた時点で、自転車班にもなろうかの様相がありました。私自身も‘夏の思い出にドカ〜ンと…’な〜んて、若干いや結構揺らいでたかな…。
いやはや、今もその時の自身を振り返り‘…思い出作りに…’なんて考えてたことが恐ろしい(笑)。
…てなくらい、あの日はあち〜ぃし、車だってハンパない‘灼熱ボディ’になってたもん(>_<)
危うく、まゆみちゃんにも『自転車でさ〜ぁ…行く!?』なんて煽り、自転車初デビューさせる案があって打診していたものの、彼女は私と違い冷静かつ落ち着いた判断の持ち主で変な勢いでなんでも『あ〜、やりまっす』なんて言わないので、自転車話しを持ち掛けた時点でソッコー『ムリっす。ありえないっす』とのお返事がありました。
が、今ではこのまゆみちゃんのキッパリハッキリ発言のお陰で、二泊の伊豆旅行…いや合宿が乗り切れた!と、思っています。

…てな感じで、私の小ベンツ(ワゴンR)内では、バカンス要素たっぷり!クーラーガンガン、旅のオトモには欠かせない、音楽ガンガン…そして‘わずかばかり’のお菓子(笑)←ウチラ二人の食欲中枢は時に度を越します。食べ過ぎによる‘腹部がツル’って現象、味わったことあります?ウチラは何度も経験し都度、後悔します。なので、今回は夜の食べ飲み放題に専念すべく‘わずかばかり’でガマンしました(笑)
時より発生する渋滞はあったものの、順調に車は進みます。中身があるようなないような…ガールズトークが繰り広げられながら…(笑)

そして、小田原あたりからは、マスターや田中さんらと幾度もなく『現状報告』
‘…now’‘…now’言いながら…(笑)

お陰で、お昼前にマスター率いる‘自転車班’と合流!
お三人を見て…『あ〜バカンスをとって良かった…』って再確認しました。だって、若干マジで人が変わってましたもん…(^_^;)
過酷さを物語っていました。

お三人方の健闘をお祈りしながら、私達は先へと…。
無事に宿泊先に着くと、早速ビーチへ!
仲良しな私達は、お揃いの羽織りもの(*^o^*)
ビーチはファミリー層が多く、夏のバカンス的なキラキラした素敵な出会いはありませんでしたが(笑)海水浴を純粋に楽しみました!

その後は…もうご存知の通り、夜の宴です!

一言…満喫しました!

夜中は同室のまゆみ…違う(すでに就寝してた)、途中参加のあいちゃんと夜部門でのガールズトーク(*^o^*)
一回りも違うあいちゃんとのトークは、なかなか貴重なものとなりました…はい。
お互いたらふく喋るだけ喋り…堕ちていきました(-.-)zzZ

でもって…一番に起床!
老人並の早さと支度っぷり(笑)

あいちゃんと挨拶も交わせないまま、私とまゆみちゃんは合宿メインである『ダイビング』へ。

ダイビングも…ご存知の通りこれまでの『海班』の方々のblogが全てです…にしても、田中さんの海中写真…見事です!

ここ数年は毎年夏になるとダイビングをする機会を与えて頂いてる私…贅沢なことです。
今年も沢山の魚たちに会えました!
ゴーグル半分まで海水が入ってしまう(去年もそうで、死ぬ思いでした〓)アクシデントがまたもや襲ってきましたが、ベテランで安心感を与えたくれた山田さんの素晴らしい対処にて、それほど焦ることなくダイビングに集中できました。

毎回始める前は『あ〜…怖い…』って、どこか憂鬱モードなんですが、今年も無事陸に戻れたし、やっぱりやって良かった!って爽快な気持ちになれ、大満足でした!

そしてもうひとつ…
ダイビングをするくらいなんだから、もちろん泳げるっしょ…みたいな感があるでしょうが…
実の所、私は海には致命的な顔をあげての平泳ぎができません(^_^;)
常に‘命の浮輪’が必須。が、今年は克服しようと、まゆみちゃん指導のもとトライ!
10かき位でしょうか…泳げました!快挙です(笑)
ダイビングに匹敵するほどの収穫となりました!

来年はもう少し身のこなしが軽やかな!?泳ぎとダイビングを目指したいと思います!

ダイビング終了後は水中班の方々とお別れし、ウチラ二人は連泊組として、べっしゃんファミリーや笹川さん夫妻、ユズルさんアキトさん待つ宿泊先へと向かいました。

二泊めの宿泊先は、素敵なマンション風…。
家具やバスルームもキレイで、とてもリラックスできる感じ。

しっかり温泉もあり、ダイビングの疲れを癒した後は…夜の宴!第二弾!

もちろんハイペースでの食べ飲み…(笑)

この日の出来事を報告しあいながら、まりあちゃんとの遊戯V(^-^)V

かなり限られたスペースでのハンカチ落としでは、大人の私達には足がもつれそうな状態&酔いが回りそうな状態であり、大変危険な感もありましたが、えっらい盛り上がりました(笑)
また…
私はマスターに変なプロレス技のようなものもかけられました…(マスター覚えてらっしゃいますかね(^_^;))

フツーに痛かったです(>_<)

そんな戯れの後、私は力尽きたようで、なんとリビングのおしゃれソファーを占拠した模様…。

すやすや…いや、そんな可愛いかないか!?
恐らく口でも開けながら爆睡だったはず…。
気付けば‘労りの白い毛布’がかかっておりました。皆様の優しさに感謝します…。

その後はまゆみちゃん待つお部屋へと戻り、二人仲良く就寝しました。

さあ、最終日です!

ラストは、観光〜〓

車を走らせること、2時間くらいでしたか…。
箱根大涌谷へ!

あの独特の『硫黄臭』をかきながら、皆様とテクテク散策(^O^)

まりあちゃんは相当臭かったよう…。

記念撮影をしたり、景色やらを眺めたり…皆様と
修学旅行気分を味わったのでした!

大涌谷を後にし、向かったのは…待ってました!

お昼ごは〜んV(^-^)V

江の島まで走り笹川さんご推薦の『シラスが美味しく頂けるお店(店名が…忘れました〓)』にて、合宿のフィナーレを飾るに相応しい豪華な美味しいご飯を頂きました!

さあ!後は帰路に向かうべく、それぞれの車へ。

帰りの車内は…ウチラ二人まだまだ元気!!

飽きることなく、ガールズトークが炸裂しておりました(笑)

だんだんと景色が変わり、吉祥寺あたりまで来ると一気に現実に戻ってきた感があり…『あ〜…帰ってきちゃったよ〜』なんて一瞬静かになるものの、美味しいそうなご飯屋を見つけると『ちょっと!あそこ!今度行くよ!』なんて…私達…

相変わらずです(笑)


…と、無事に楽しく終えた伊豆合宿。


とにかく楽しい合宿で、普段では味わえないことも沢山経験したし、ベテラン組若手組の皆様はもちろん、お子様達…とも改めて交流を深めることができ、有意義な三日間であったと本当に思います。

また新たな合宿企画を楽しみにしてます!


そして、マラソンなり自転車なり…企画なり夏以降も皆様と共にチャレンジ&楽しんでいけたらと思っています!

今後とも、どうぞ宜しくお願いします!!

さあ、間が開いてしまい申し訳なかったですが、次の方へバトンタッチし、ラストスパートをかけていきましょう!

次の方は…大変お待たせしました…

‘クリック笹川さん’です!

宜しくお願いします!


2010.08.18 Wednesday 00:43
10合宿 comments(3)
ブログリレー
 みなさん元気ですか?べっしゃんです。 えーとまゆみちゃんからブログとか 苦手らしく何を書いて良いか分からないとのことで、きよちゃんがバトンタッチで書きまーす^^ よろぴく


2010.08.14 Saturday 17:55
10合宿 comments(1)
べっ宿報告 〜第3弾〜
 第3走者としてご指名にあずかりました、
わたくし、上から読んでも『へたれたへ』、下から読んでも『へたれたへ』で、ございます


【一日目】
往路
高校受験を控えた若手二人(たくみ、まる)を載せて、3人で、昼前にちんたらと出発。
海老名SAでミストシャワーを浴びつつメロンパンを買わずに吉牛のチョイス。
まったりしまま渋滞に文句をいいつつ、歌をうたいつつ、「あれ、城じゃね?」と見つけた小田原城
クリックで挿入に、登りつつ、伊東を目指しました。
まったりしすぎで、到着が食事時間のギリギリとなってしまいましたが、無事チームのみんなと合流し、バイキング形式の食事と飲み。
いつもは飲まないわたしですが、生ビールをグラスに注ぐ機械がおもしろく、ちょっと飲んでみました。
そういえば、べっしゃんは「塩辛」を大量に、つまみにしていました...。

そのあと、ぷち卓球大会が開かれ、

老若男女が入り乱れ、腹ごなしをし、

浜松より参加の愛ちゃんをお迎えし、オレンジビーチの花火大会へ。東京では考えられない、ゆったりとした人波とは反比例の打ち上げの近さに、あー旅行だよ!!!といい旅夢気分でした。

締めに部屋に集まり、明日の予定と、今後の活動などのお話があり、
鍵をもったまま出かけてしまった若手不在で、部屋に入れずなどもあり、
さすがに疲れたのか、わたしの隣で寝ていたまりたんは、喋っていたと思った5秒後に、寝息を立てていました。姫も大人と一緒に行動しているのに、いつもよくがんばっています。


【二日目】
体験ダイビング・
ともくん、田中さんが書いてくださったので、流れはそのとおりです。

ドルフィンウエーブにて


・・・
今回、ダイビング初挑戦にあたり、田中さんという師匠と出会え、環境、状況、タイミングが合って、チームとして参加させていただけることになりました。
家庭の主婦が趣味を続けるというのは家族の理解なくては決してできません。
わがままを理解し、応援してくれた家族にも本当に感謝しています。
・・・


山田さんのお人柄がわかるような丁寧なご説明があり、「考えすぎないで」と言われ、なにより、田中さん、ともくん、きよちゃん、まゆみちゃんと一緒だったことが不安もなく、恐さよりもわくわくする気持ちでまたもやニヤニヤになっていました。

浅瀬の講習を終え、休憩のあと、ロープをつたっていよいよ海に入っていきます。
「いのちのゴム」もしっかり口にくわえ、OKです。
でもでも、なんだか身体が思うように安定しないし、水中では耳抜きをしなくちゃならないけど、鼻を触っても上手くつまめず、耳には水がはいっていて痛いっす。
山田さんは『おちついて』とボードに書いて、腕を持って、意味としてはリラックス!と言ってくれてるようです。手をひいて、青い魚のいるところまで、連れていってくれて「みてみて!」的に指さしてくれます。
あー、ほんとに魚だ。沖縄でみたのと似てる。
でも、ふと、
耳抜きがこのあと、ちゃんとできるのか?耳の痛みはあってもいいのか?サイン出したら大丈夫だっけ?身体が流れてくよ?など、、、やることがいっぱいあるような気がして、ちょっとあわてます。
みんなを見る余裕がなくなります。山田さんや田中さんの指を握る手から、力が抜けません。

一回水面から顔を出して、仕切りなおして見ましたが、一度マイナス側に傾いた気持ちは真ん中にもどってくることがありませんでした。
山田さんに申し訳ないのと、情けなさと、家族の顔が浮かび、あーあという気持ちでいっぱいでした。

折れない心のために、ダイビングを試してみたかったけど、
ほんとはそんなことではなく、単純に魚を見るという楽しさを楽しむことからずれちゃっていたかもしれません。また、準備不足でした。



帰りの車の見送りに、山田さんをはじめ、インストラクターの方々が、大きく手を振ってずーっとバイバイをしてくれました。
ともくんは感動して泣いていました。
わたしも、山田さんが帰り際「(今日の失敗に)懲りないでくださいね」と云ってくださった言葉に泣きそうでした。でも大人なので我慢しました。
ちなみに、田中さんは「はじめてのおつかい」に弱いそうです。

もっと単純に楽しめるように準備もして、またいつの日か必ず挑戦したいと思います。
今回はへたれで残念無念でしたが、それでもやってよかったです。
田中さん、ともくん、きよちゃん、まゆみちゃん、ありがとう!

みんなが見た魚たち



復路
ともくんと帰京。
結局、ともくんはオバチャンに気を遣い、ほんとに疲れさせてしまったのでは?と思います。
渋滞のなか、さかなが入ってない「おとなのねこまんまご飯」の食事、田中さんご紹介の網代・ひものや「弁天」に立ち寄り、あーだこーだとお話ししながら無事帰ってまいりました。
年齢も立場も環境も違うともくんですが、彼のお話から、わたしはまたいろんな気付きをさせられ、刺激をうけ、今後の自分、子育ての参考にしたいことなどをたくさん頂きました。オバチャンにお付き合い、ありがとうございました。



【へたれのおもい】
ありさちゃんと、かんちゃんと白黒の碁石で遊びながら話したこと、
愛ちゃんとお風呂で話したこと、
ほかにも、いつもはゆっくり話せないけど、今回の合宿で、いろんな方々とすこしでも時間を持てて、嬉しかったです。



2歳から50歳まで。
こんなチームってありですね。
ほんとにどこかに自慢したいくらいです。
縛りもなくゆるーいかんじ、いつでもだれもが楽しめるようでずっといたいなと思います。
イベントがある度に思うことですが、
みなさんに出会えて、ほんとに良かったです。


☆かなり個人的でもありますが、maruの不参加が大変残念でした。
次回必ず一緒に参加できたらいいと思います。


ブログリレー、次も、水中班でいきます!
まゆみちゃんお願いします










2010.08.13 Friday 13:31
10合宿 comments(4)
第1回べっしゃん合宿(水中班 その弐)
 今日はみんなでダイビングに行く予定ですが、前の晩の酒が残っていたせいで気持ち悪く、もしひとりならキャンセルだなあと思いながら寝床から起きました。

二日酔いにも4級から超級まであります。
4級は起きた瞬間に「アレ?残ってるか?」という違和感程度で、起きて活動してしまえば消えるレベルです。
3級は「あ・残ってる」というレベルですが、ガツンと朝飯を食べちゃうとスッキリとまではいかないものの治ることがあります。朝飯を食わなくてもシャワーと水飲で改善されます。
2級は「朝飯を躊躇する」レベルです。3級との違いは朝飯をガツンと食べて後悔するかしないかの違いです。2級における後悔の種類としては、更に気持ち悪くなる、酔いが再び回りだすが主なものです。
1級は「完全に朝飯いらない・あ〜気持ち悪り〜」レベルで、需要な任務がなければ、午前半休にするパターンです。当然下痢もひどく、半休しなくても人間として社会的機能は果たせません。大量の水の摂取が必要ですがそれもキツイと感じ、ポカリに頼りたくなるものです。
超級は病気そのものです。三日目朝まで残る場合もあり、うまくすれば病院で点滴を受けられるチャンスとも言えます。1級と睡眠不足との合併症は超級に近い症状になりますが、これは混同しやすく注意が必要です。

さて、たへさんの運転により城ヶ崎海岸駅に近い「ドルフィンウェーブ」というダイビングサービスに到着しました。リゾートっぽい綺麗なショップです。ここで申込書やら誓約書やらを書き、今日の現場である富戸へ向かいます。
富戸は川奈と城ヶ崎の間にある小さな湾です。岩場が多く川の流入が少ないため透明度が高く、北東に向いた湾なので、台風が近づいても荒れること事が少ないことから、東伊豆では人気のダイビングスポットです。
ここでウェットスーツに着替え講習が始まるまでにまずは記念写真!
記念写真
何でトモ君だけ前にいるのか!

午前中は講習のみ。漁港の埠頭に座って山田さんの丁寧な説明がありました。
山田さんと僕は古くからの付き合いで、彼は水中の生物に実に詳しく、優秀なガイドであり、優秀なインストラクターでもあります。
てか、マユミちゃん聞いてますか?的な一枚。
座学


陸の講習が終わり、浅場での実習が始まります。
真剣な眼差しのたへさん。このダイビングへの意気込みが伝わります。
実技


3度目の体験ダイビングのゴッキーナ。余裕あります。
この時点でのたへさんの虚ろな表情が・・・
実技


さらに余裕のマユミちゃん。
怖い表情で見守るゴッキーナ。


自転車以上にやる気充分のトモ。
何が彼を掻き立てるかは不明。

午前の講習はここまで。皆は昼食休憩。
僕はファンダイブで一本目に行ってきます。


さて午後になり皆の本番。
富戸は手すりとスロープとロープがあり実に入りやすい。ここ2年ほど八丈島で野性的なダイビングが続いていたので実に快適です。
そんあこともあり体験済みのふたりとトモは余裕余裕。


謎の水中生物

ここでたへさんが無念のリタイヤ。
馴れないうちは恐怖の無限ループに入り込むことがあって、この状態で行っちゃっても、リスクが増えるばかりだから、もったいないけど今後を考えればベターな選択だったかと思います。

先生ふたりは山田さんに曳かれて。


ともは松さんに曳かれてチョキを出す余裕。


人間の写真はこの辺にして魚の写真です。
みんな近くにはニザダイ。


クロホシイシモチのペアの群れの上層をキビナゴの群れが通過。

クロホシイシモチのオス。マウスブリーダーってやつです。簡単にいえば、孵化するまで口中で卵を守る。これがオスの役目。もちろん孵化するまでは食べ物は摂れません。1週間くらいの辛抱です。


ハナミノカサゴが逃げるところ


ウツボ!

クロホシイシモチ この写真の方がペアリングが判りやすいかな。


イソギンチャクとミツボシクロスズメダイの幼魚←ダイバーにはアイドル的存在
でも成魚になると星が消えていくんです←意味深な


ルリスズメダイとかコバルトスズメダイとか言うんだけどピンボケ恥ずかし。


ダイビングも無事終わって少しお疲れの先生方。
一方、体力を温存したたへさんは元気!


ということで今日一日のんびり過ごすことが出来て良かったです。

帰りは伊東まで元気なたへさんに送ってもらい、伊豆急、東海道線、ロマンスカーで帰りました。
帰りのロマンスカーもロマンスなしでした。


今回の合宿は、食べホー飲ホーと花火では皆さんと接することが出来、大人数なりの楽しさを味わいました。今後はもっと夜に体力を温存する形を考えて楽しみたいと思います。
何より企画の中心だったべっしゃんにはお世話になりました。
次回は観光バス貸切で飲みながら行きましょう!

で、次のバトンはもちろん「たへさん」です!よろしく〜♪




2010.08.12 Thursday 10:09
10合宿 comments(3)
1/2PAGES >>