いつまでも、走り続けていこう!
スケジュールはここから!
ここをクリックで予定帳がひらくよ
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
NewEntry
Category
Archives
Comment
Search
Link

twitter
べをフォローしましょう
Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< W関連の方々へ main TEAMべっしゃん第2回合宿@熱海 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012.05.24 Thursday 
- -
2011 夏 べっしゃん合宿 in 熱海

はじめまして。
今回初めてTEAMべっしゃんブログに投稿させていただきます、岡です。

ほとんどの方はご存知かと思いますが、一応簡単に自己紹介から。

Wのハンドボール部で2009年2月までべっしゃんでバイトさせていただいておりました。
夏山とかともと同期で今は仙台でサラリーマンしております。


実は、私TEAMべっしゃん発足の場に居合わせた人間なんです。
丸田さんがマスターに東京マラソンに出ようと言ったあの日。バイトが僕でした。

そこから東京マラソンにマスターが出場して、TEAMべっしゃんのイベントがどんどん増えていったと思います。ちなみに東京マラソンの応援で37キロ地点。疲労困憊のマスターの精神を蝕み、体力を奪った写真がこちら。

脱線しました。

そのみなさんの様子を僕はこのブログで見ているだけでした。
マラソン、自転車レース、合宿などさまざまな楽しそうなイベントが繰り広げられている中、僕は仙台で見ているだけでした。


そしてやっと今回べっしゃん合宿に参加でき、一番目のブログのご指名を頂きました。
かなり前置きが長いですね。
気持ちが入っていると解釈してください。



今回僕は、チャリで熱海まで行くグループでございました。
マスター、田中さん、さっちーさんは東伏見から、僕とともはともの家がある梶ヶ谷からスタート。

東伏見の詳細な様子はわからないですが、朝6時出発前の「べ」


梶ヶ谷組も朝6時40分頃出発し、合流地点(どこかのセブン、詳細は忘れてしまいました)。

僕は、もうこの2年チャリに乗っていません。
仙台でママチャリ買って一ヶ月でぱくられて以来乗っていません。
今回は、きよみ先生のロードバイクを借りました。

あと、誇るとすれば2009年東京マラソンコースを自転車で試走する際、みなロードバイクの中自分だけママチャリで参加し83キロ走破した経験あるということでしょうか。
この経験が何か変な自信につながっておりました。

甘かったですね。
坂とかしんどかったですね。
なによりケツが痛かったですね。
まあ、ともがサドルの調整してくれなかったんで、それも影響していたのは否めません。
気が効かないですね。



そんなこんなでセブンに到着。
30分後ぐらいに東伏見組が合流。
田中さんにサドルを直してもらい国道一号線の方へ出発。


しかし、出発して早々事件勃発。
さっちーさんが転倒してしましました。僕のせいで。
走っていたら、目の前にポールがいきなり現れたので、僕はよけられたんですが後ろのさっちーさんが直撃してしまい、肘から流血してしまいました。

さっちーさん申し訳ないです。


そんな事件があり、個人的に気分が落ちるなか川沿いをひたすら走ります。
その一風景。


一番後ろの大きいカバンを背負ったのが僕です。この2年でよく肥えました。
ここは平坦な道ばかりだったので、楽でした。
ですが、問題がまた。

ケツの痛みハンパない。
具体的には、キャンタマ袋の裏のあたりの股のなんとも形容しがたい部分の骨が漕ぐたびにゴツゴツ当たり、もうそれはそれは。
(あとから聞いた話ですが、この痛みをきよみ先生は「大事なところが痛い」と表現されていたとかなんとか…)

とかなんとか痛がっているうちに、朝飯を食べるためにマックへ。


さっちーさんの左肘が例の流血事件を物語って…ますかね。
わかりにくいですが、どんどん血が滲んでいました。ほんと申し訳なかったです。

その後は湘南方面に向かいました。
海沿いの道をずーっと走ると景色が綺麗だ、とともが言ってましたが、
天気はくもりだし、特に綺麗とか思いませんでした。

途中のファミマで休憩をとり、移動が順調でしたので近くの湘南平の坂に挑戦することに。


死にました。
自転車なめたらアカン。
マスターがすぐに豆粒みたいに小さくなり、置いていかれました。
ここで足の力を使いすぎたため、そのあとはかなりしんどかったです。
あ、ケツはもちろん痛いですよ。

湘南平のあとは小田原方面に行き、ファミレスで昼休憩。
イスに座ることさえままならない。
まだまだみなさんのようなスキルは身につきません。


昼休憩のあとは、いよいよ熱海へ!
足の体力とケツと相談しながら漕いでおりましたが、ま〜坂の多いこと。
なるべく降りないように、意地でも漕ぎきってやろうと思っておりましたが、ある坂でスピードがゼロになってしまい降りざるを得ませんでした。くやしい。
僕の頭の中で流れていた少女時代の力でなんとか頑張ってましたが、ダメでした。

しかし、その一方で些かホッとした感情があったことも事実。
追い込まれてからのひとときの休息。
大学時代を思い出します。2年ほど忘れていた気持ち。

この2年でよく肥えました。


そんな坂を登り終え、あとはずっと下り坂。
気分が高揚して、ケツの痛みなどふっとんでおりました。
下りすぎて、最終的にホテルまで自転車を持って階段で上がる始末。
もう、坂道を登る体力と意欲はありませんでした。


走行距離しめて107キロ。
ロードバイクの魅力十分体験致しました。
仙台にてマイバイク、購入させて頂きます。

これからもトレーニングしながら、TEAMべっしゃんイベントに参加できるなら参加させていただきます。
今回初めての参加ということで文章も長くなってしまいました。
でも、書いてて楽しかったです。

とりあえず、私の担当はここまでぐらいにさせてもらおうかと思います。
夜の部は、飲み会でその才能ぶりを発揮してくれた、横山・もじゃもじゃ・智紀大先生にバトンタッチします。
横山節期待しております。






お粗末様でございました。
ではでは。



2011.08.26 Friday 21:32
- comments(1)
スポンサーサイト


2012.05.24 Thursday 21:32
- -
comment
本当おつかれでした。チャリはイマイチでしたが、作文は良かったです。
べ 2011/08/27 12:22 AM




/PAGES