いつまでも、走り続けていこう!
スケジュールはここから!
ここをクリックで予定帳がひらくよ
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Profile
NewEntry
Category
Archives
Comment
Search
Link

twitter
べをフォローしましょう
Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012.05.24 Thursday 
- -
東京マラソンコース試走
 はーいみなさんべっしゃんです。
お正月気分も抜けそろそろ、本格始動の方もいらっしゃると思いますが・・いかがお過ごしですか?今年は、東京マラソンに1名しか走れませんが、Feの女で有名なさっちぃーがTEAMべっしゃんの思いを1人で背負い、東京を爆走します。早速ですが、
恒例になりました、東京マラソン下見です、さっちぃー(Feの女)と愉快な仲間達との協議の結果。
2月6日(日)東京マラソンコースをチャリで試走します。昨年同様ホテルでのランチも計画しています。10時にスタート地点でもある都庁前を集合場所にいたします。過去ママチャリで参加した強者もいますので、1度走ってみたらどうでしょうか? ともちろんランチだけでも大いに結構です。
食事の予約も有りますので参加者は書き込みか「べ」まで直接連絡下さい。
みなさん参加してねん。


2011.01.11 Tuesday 11:53
チャリ comments(1)
富士山1周
 はーい 皆さん お元気ですか。 べっしゃんです。 いよいよ実りの秋ですね。炎上いやエンジョイしていきましょう。
今回は今月末の八ヶ岳に向けのトレーニングとして、富士山1周(110キロ狂^^;)を選択。
八ヶ岳メンバー 田中・やすゆきさん・笹川・Kiyo、そして八ヶ岳は参加しませんが(笑)べ・の5人。
スタート前はいつも元気です。富士をバックにやる気だけは満々もちろん健脚です。湖畔を気持ちよくトレイン熱いよ9月半ばだぜ!オヤジの2ショット
果てしない直線何故かパンクしやすいちゅ〜ぶを選択。そしてパンク。お決まりのコース。何故か足柄駅その頃籠坂通過
河口湖出発で本栖から朝霧高原先までは30キロの未体験の下り、つーことは昇るんですよね^^;富士山を常に左に見ながらの走行、気持ちいいのって言ってたのもつかの間。日陰無しのアップダウンの激しい裏富士。水も力も尽きた頃、やっとのそば屋をみつけ昼食。食後は耳鳴りがするほどの激下り、下りってことはまた昇るってこと・・・いよいよ国道に出ると籠坂峠まではひたすらの昇り。楽しく登れましたね!! あとは下り、山中湖にでると、河口湖まではもうすぐ、おつかれさまでした。 多少のトラブルはあった物の無事でよかった。しかしこのコースより八ヶ岳は厳しいのか・・みんな完走めざしがんばれ!!


2010.09.21 Tuesday 15:31
チャリ comments(0)
もてぎ付け足し
 皆さん元気ですか?記事ケンちゃんありがとうございます。31日日曜日の件つけたします。エントリーの早い遅いででれなかったりすると、申し訳ないので、こちらでまとめてエントリーをしますので今週水曜日 8日までに田中・べどちらでも良いので、メールをください。その時に住所・筺Ε侫襯諭璽燹γ太呼を記入してください。 4時間のソロです。皆さんで楽しんで走りましょう。適当に休みながらも良し、ぶっとーしでも良し。サーキットのすがすがしさを感じ魔性。


2010.09.05 Sunday 22:17
チャリ comments(1)
'10秋 『もてぎ7時間エンデューロ』 大募集!
影の自転車班、永冨です。

昨年も出ましたツインリンクもてぎでの『もてぎ7時間エンデューロ』、今年も参加大募集です!

http://motegi7h.powertag.jp/index.html

・日時    10/31(日)
・場所    ツインリンクもてぎ
・種目    個人 4時間エンデューロ
・担当    別府さん


チーム戦ではなく、個人対決という感じではいかがでしょうか?








ちなみに記事を立てといてアレですが…
永冨はハンドの試合の為、参加出来ません…

土曜日の『120kmサイクルマラソン』に出ようかと思ってます。
その場合は、
・日時    10/30(土)
・場所    ツインリンクもてぎ
・種目    120kmサイクルマラソン
・担当    ナガトミ
になります。


基本的には日曜日にて大募集です!
もし日曜は出られない…という方がいらしたら、土曜日の方で永冨と一緒に出ましょう!


ではではご参加ご検討の程、よろしくお願い致します!!







2010.09.04 Saturday 07:19
チャリ comments(2)
つるつる・梅の木峠
 はーい、みなさんべっしゃんです。先日の日曜日 八ヶ岳メンバーを中心に激ザカへ行ってきました。 無風快晴!絶好の自転車日より、新たなメンバー2人が加わり、武蔵五日市へ
多摩サイを気持ちよく、睦橋まで・・

先日「べ」単独で梅の木峠へ行ったのですが、つるつる温泉から先の坂を見て何事もなかったかのように帰って来たその日に、「あそこは日ノ出町ヒルクライムのレースコースですよ。」とクリック笹に言われ、「え=」そこをビビって帰ってきたとは・・・屈辱的な。でもって他のメンバーを巻き込んでリベンジへ

    スタート地点で旦那にもしたことのない膝枕を愛車にしてあげながら、今日の無事を祈る。
オレも祈る! いよいよ武蔵五日市を過ぎると、急に気温も下がり涼しく!?感じ出します、路の横には小川が流れており、釣り場や川で遊ぶ人々を横目に、いよいよアタック開始。無事につるつる温泉までは全員完走。少々休んだ後、いよいよリベンジ開始、と思いきや、ほとんどのメンバーが僕と目を合わさず、東京でも1.2をあらそう激ザカを目の前に知らん顔。 ここで手を挙げたのはクリックただ1人.2人で山頂めざし、再びアタック開始。 辛いです!バイクも唸るこの激ザカをチャリで登るとは・・車の通りも殆ど無いらしく、コーナーには砂利があるところも・・その上でスリップですよ、どんだけ急なんだよ。コーナーを曲がるたび大声で、ささっちに山頂見えましたと、何回も嘘を付き、どうにか逆戻りさせない作戦でhi-hi-いいながら山頂まで到着。
なんて事ない地味な山頂、特別絶景と言うわけでもなく、なんだかなーと思ってイルやいなやささっちは、「またこよう」とぼそっと・・・僕は付き合いませんが・・(笑)
つるつる温泉後みんなで無事帰宅100キロ走破。お疲れさまでした。


2010.08.31 Tuesday 14:35
チャリ comments(1)
秩父くるっとサイクリングw/トラブル
 こんにちは峰です。
旬なネタをということで割り込ませていただきます。
自転車部としては、年間を通じても大きなイベントである「グランフォンド八ヶ岳」を9月下旬に控え、焦りだしている今日この頃です。特に寒冷地仕様の自分としては、酷暑の中、尾根幹の練習走行など有り得ない訳で・・・今に至った状況です。お盆も過ぎれば朝夕は若干お日様もパワーダウンするんじゃないか、樹々の中なら少しは快適に走れるんじゃないかということで、西武秩父線芦ヶ久保駅前の道の駅をスタート&ゴールとするコースを設定しました。
今回の参加者は、どうしても輪行したくない笹クリさん、笹クリさんに苦しい思いをするがいいと言われたさっちー、バカンスだらけで日焼け後が汚い健太郎君、最近山サイクリスト化しているtooさんと私の5名でした。

保谷駅までは自走で5、6分ですかね。
自転車をばらして5:55発の飯能行に乗車。所沢あたりまでの車内は朝帰り組が多く、若干の酒臭さも。7号車には健太郎くんが乗車しているので、メール交換などをしながら過ごしました。
旭を浴びた夜装束はイタいななどと。
話は逸れますが、気合の入った夜装束のイタさとして、仕事帰りに予定があるんだろうけど男の下心煽り系の衣装で金曜朝に出勤するOL、そんな服なのに金曜22時前に電車に乗っているOLというのが上げられます。どうでもいいのですが。


飯能も近くなると車内はガラガラ。今日も暑そうだなという朝日が射し込みます。

飯能で向かい側に停車中の秩父線に乗換。西武線と言ってもボックスシートの専用車両が山線の雰囲気を漂わせます。ここでカメラ目線がウザイ人とtooさんが合流。

飯能から40分、長大な正丸トンネルをくぐった先が芦ヶ久保。集合場所の道の駅は、1段下がった国道299号沿いにあります。Wikiによると国道299号は東京へ向かう側が「下り」になる珍しい国道とのことです。


道の駅で笹クリさんとさっちーと合流。
身支度を整えて準備運動をして出発。まずはR,299を秩父へ下り、R,140を西へ向かいます。
わずかに登り基調の10キロは、アップには丁度良い=結構キツイ。
ガリガリ君休憩にコンビニへ立ち寄り、私は忘れていた朝飯を摂取。
R,140を右折し県道に入ると、「出た!坂!」本日一回目の喘ぎ。10分足らずでしたが汗だく。


しかしここからは快適なダラダラ下り。車は来ない、道は綺麗、脱力系田舎風景、サイクリングはこれだよねー、これなんだよねーみたいなルートでした。

仲良し夫婦もこんな感じ!




しかし好事魔多し。そんな絶品の道が終わるとき、tooさんの自転車に大異変が!
後ろ変速機がギアに抱きつくようによじれてる・・・
シフトダウンした時に後ろのギア内側にチェーンが脱落し、ロックした瞬間に後変速機を引っ張り込むだか・・・今思うにロックの衝撃で変速機のパンタ部分が先に割れて引き込まれたんじゃないかと・・・
比較的経験のある健太郎君や私にとっても初めて見るトラブル!
普通トラブル好きの自分は笑いが出るのですが、これは見た瞬間グエっとなりました。

まずは後輪を外して・・・ひん曲がった変速機をバラして・・・ガードレールに挟んで整形して・・・
そんな時どこからとも無くサイクリング風のオッサンが現れ、この下に自転車屋があるから困ってたら訪ねてみれば、と親切に声をかけてくれたものの、「同じ会社だからね」と意味不明の一言を残し消え去って行きました。我々の中に同じ会社の人がいるのか?その自転車屋の営業活動で付近を巡回しているのか?疑問は深まるばかり。

とりあえず、なんとか自走出来るまでに復帰。健太郎君凄い!
しかしまともに走れる状況ではなく、その自転車屋へ向かうことにしました。
さっきのオッサンが麦茶を淹れて待ってることを期待して!



でた!(笑)
果てしなく期待薄。

きた!
さっきのオッサンとは無関係ながら、ジッパー開けて、ネタ的に期待あり(笑)

結論は後変速機を取ってしまう。
ま、僕らもそういう方向なんだろうとは思っていましたが、問題はチェーンを一旦切ること。
チェーン切りで切るのは簡単だけど、問題は繋げるときです。
通常はチェーン切りを使って補修用のリンクピンを圧入していくのですが、そんなパーツがあるようには思えない店舗内の様子。
しかしこのオヤジは何も躊躇せずにチェーンを切りました。


うわっ!ウオポン!正式名ウォーターポンププライヤーという、便利だけど実に大雑把なアメリカンな工具で今抜き取ったコネクティングピンを・・・おっと握り幅を一回調整、そして再びコネクティングピンを目標に定めたかと思った瞬間、パチッ!実に気持ち良い音が、店内の淀んだ空気が一気に晴らすが如く響き渡りました。一旦外したコネクティングピンがこんな音立てて元に戻るなんて、サイババ以来に見た奇跡としか言いようがありません。(サイババについてはコチラへ)
  ※写真がブレているのは笑いを堪えているためです。

しかし今度は車輪が思うように回らない。どうやらリムが歪んでしまっている様子。
しかし秩父のサイババは、どこからともなくニップル回し(スポークのテンションを調整するニップルの専用工具)を取り出し、やおら調整を始めます。自転車組立てで最も難易度の高いと言われる作業を・・・ほんの1、2分で作業完了。フレが治ってる!
まだ分解不能の部位に不具合があるものの帰途につくまでは復旧できました。

ありがとうございました。
工賃を取るのも躊躇する様子のサイババ。
手が汚れた分だけ、と粋な一言を発して1,500円を受け取ってくれました。

何とも奇妙なシングルスピード化したtooさん号。
キモカッコ悪い。←いいとこなしかい。けど走れる!


ということで目的地変更。
武甲温泉へ。
風呂に入ってビールのんで飯食って。
tooさんがお詫びにと生ビールをピッチャーで奢ってくれました。

で、今回はココで解散。
笹クリさんとサッチーは車で帰途に。
tooさんは輪行で新宿のショップへ修理に。
健太郎君は自走で飯能まで。

私はひと眠りして・・・横瀬から輪行・・・
いや!それはイカン!八ヶ岳が迫ってるではないか!
ということで、涼しくなった夕方に峠越えして帰ろうと画策。
しかしこの日も猛暑日、盆地の秩父は15時でも35℃!
これにはもう諦めました。決めたからにはやったろうかい!
むんむんが残る武甲温泉を15:50に出発。
西日の中のR,299の登りはホントにきつかった〜。
今朝出発した芦ヶ久保駅を横目で見ながら、ここから輪行・・・
いや!それはイカン!旧道に入れば涼しいぞ!旧道はもうすぐそこだ!
と励まし続け何とかトンネル手前の分岐へ。この時点でトンネルを通る意思はゼロ!
そのまま旧道に入ると、あら快適!道も2〜3%程度の登りでグイグイ進む。
なんても束の間。お待ちどうさま〜みたいに8%クラス。
苦しい時の定番、哲学的思考が始動しだしました。
今日の結論は、「この苦しみを味わいたくて今ここに来ているんだ。今はこの苦しみを堪能しよう」でした。
ふと、大丈夫か自分、と我に帰ると正丸峠と山伏峠の分岐でした。
正丸はこないだ皆と行ったし、山伏は高校時代に越えて初落車をした記念すべき道。
飯能まで走るなら山伏の方が快適!

もうほんの少しの登りもキツイが・・・あっ峠が見えた!
切り通しで道標もなく味気ないですが、間違いなく山伏峠。

登りで浴びた水筒の水が寒いくらい。下りは激の分類に入る坂。
下りでよかった〜。

でもこういう雰囲気は登りたくなる(かな?)
ね、健ちゃん。

4キロほどの激部分を過ぎると快適な下り。
夕日の影が長くなってきた。けど先を急ごうという気にはならない至福のとき。

途中、可愛いよろづ屋さんを見つけて水分補給。

新調したハンドルは大正解。

名栗川沿いの道を走って、市街地は走れない頭になっていたから、そろそろ飯能かなと思ってからの10キロは長かった。
飯能PePeが見えてホッとした。薄暗くなってきたしね。

無事到着!やったぜ!

ということで、この日をルートはこうなりました
怪我の功名的な一日に感謝!





2010.08.23 Monday 16:11
チャリ comments(7)
湘南夏の陣 報告
 はーい みなさんべっしゃんです。まもなく大イベントがありますが、おっげんきですか?
さて、今回のチャリ部隊は湘南へ べ・峯ちゃん・クリック・サッチー・とも・きよ・tooさん(田中さんのサッカー繋がり)の7人での走行。

スタートして30分よみうりランドの激坂を余裕で登り、ここからはクリックガーミンを頼りに走行。しかし、地図を持たなくて走れるとは、恐るべし。片道約53キロ最短距離で江ノ島到着。
朝5時に「べ」を出発 途中2.3度の休憩を入れ江ノ島で小休憩。ここまでは曇りで気温もそんなに上がらず最高のコンディション。やっぱり海みるとテンション軽く泳いでやりました。(笑)
が、.しかし午後2時頃からは雨の予報、のんびりしている時間はなく、平塚へ約12キロ海沿いを気持ちよくトレイン走行。女子組みも頑張りましたよ。アベ25キロ位で引っ張りましたから。すごいぞーデニーズで食事をしようと思い、入店だがまだモーニングメニュー^^;どんだけ健康なんだオレらは。と思いきやトラブル発生、店内なのに危険を感じたかサッチーはメットをかぶったままでの食事。店員もあきれ顔でした・・・

帰路田んぼの中、相模大野でのF○○○発言、電柱に捕まりちゅう事件尾根幹手前のだらだら坂、そして激坂、雨、北高前落車と色々ありましたが125キロ無事全員走行。 カロリー消費は2500。女子の2人には結構ハードだった事間違いなし。
伊豆にむけいい感じでしたね。+10キロ位だと思われます^^; では

写真アップしてあります。と tooさん地図のアップありがとうございました。


2010.07.13 Tuesday 10:58
チャリ comments(0)
湘南夏の陣
 お疲れ様です、クリックです。
いよいよ来ました、夏→湘南→チャリの季節が!

根っからの方向音痴が、四苦八苦してルートを検索しました。
交通量やトラックが多いなどの情報がありましたら、コメントお待ちしています。

一応、検索ルートは、片道56キロです。
昨年の尾根幹ルートも結構走りやすいので、それもアリかなと
思います。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=9b772b82a063c47ef6b8eaaae25941a3


2010.07.05 Monday 21:55
チャリ comments(4)
今、再びの河口湖へ

はーい皆さんお元気ですか? べっしゃんです。 梅雨の晴れ間をみつけ再び 河口湖→西湖→精進湖→本栖湖→河口湖の50キロるるるんサイクリング。  みねちゃん クリック とも さっちー きよ の6人。前回はアネックスの100キロの下見に来た時とほぼ同じコース。 
この日は天気は曇り、24°と絶好のコンディション。スタート前は各自セッテイング、アンド飯。べは前回と同じくミックス蕎麦400円珈琲はサービス(W) 風が少し気になるがスタート
でもって前回サッチーが思わず、降りてしまった坂。がしかーし 今回は見事に!!登り切った!!これは凄いことで、2ヶ月前とは雲泥の差サッチーの努力がみられます。
あら、カメラの角度が少々微妙ですが、本栖湖で休憩での1ショット。
本栖湖畔は約14キロ途中先頭を変わりながらのトレイン走行も成功。チーム力アップしてます。
でもってお約束の彩花 冷やしタヌキ大盛りちくわ天のせ。時間の都合上温泉は無くなりましたが、「またやりましょう」の声炸裂!充実の河口湖になりました。

今週は まるちゃん 多恵子さん クリック サッチー きよちゃん まゆみちゃんが嬬恋キャベツマラソン参加。 がんばってーー^^ 今回初マラソンの多恵子さんやっちゃってー!!



2010.06.23 Wednesday 11:36
チャリ comments(1)
GRAN FONDO FUKUI 2010.06.13 160KM
 
どうも。
久しぶりの登場のともです。


今回は、アネックスさんが急遽出場できなくなったとのことで、代わりに参加させていただきました。
アネックスさん本当にありがとうございます。


大会スタートは6月13日AM6:30ということで、前日12日、福井へ出発。

新幹線を乗り継いで、3時半頃、敦賀に到着!

敦賀駅

到着後は、レンタカーを借りて
明日の大会会場まで参加手続きへ。

スタートはスキー場ということで、
途中から、永遠と続く登り道。

そこをロードバイクで走る人々。。。
明日走るかと思うと見たくない光景。

そんな光景を見て田中さんと愚痴を言いながら会場へ。
会場では姉川という名前になりきって参加(笑)


その後、宿泊先へ。
海岸沿いで海がすごくきれいでした。

そこで、夕食まで海釣り。
(健太郎さんと次回からはもっと早くに来て釣りも楽しむことを誓う。)
海釣り←ちっちゃいけど、ベラのメスです。


その後、豪華な海鮮料理を頂きました。めちゃくちゃ美味しかったです。
その後ワールドカップを見て、次の日に向けて就寝。


当日は4時に起きて、会場へ。

個人的に160KM走ったことはありませんでしたが、
特に何も考えずレーススタート。
↓参照


こんな感じの

山、琵琶湖、山、若狭湾、山、敦賀湾、そして山というなんともボリューム満点のおなかいっぱいコースです。
今回参加しなかった人も次回参加することをお薦めします。


レースはというと個人的には、練習不足ということもありかなりきつかったですが、普段走っている人なら気合いで完走できると思います。


さて、レースですが、天気予報通り11時頃からポツポツと雨が降り出しましたが、スタートして5時間後ということもあり、雨はちっとも気になりませんでした。
それぐらいいっぱいいっぱいだったってことですね。。。


とくに、第一休憩所と第二休憩所の間は、大きくスピードダウンをしてしまい、ずっとリタイアの事が頭に浮かんでました。
やっぱり練習してない人には厳しすぎた、こんなにきついのにまだ半分にも全然及んでないのか、こりゃあ無理だなとかマイナスの事ばっかり考えてました。反省↓


ところが、第二休憩所におそーくに着いたにも関わらず、一緒に参加した皆さんが全員で手を振って到着を喜んで待っていてくれました。それを見て、もう何が何でも走るしかないなと思うことができました。
本当に完走することができたのは皆さんのおかげです。
チームべっしゃん最高ですね★


第二休憩所以降は、大学時代の大先輩の沖田さんが付き添ってくれたので、力強く走ることができました。
やっぱり自転車といっても一人で走れるものではないですね。


本当に160疏るのにはドラマがあります。自転車を漕いでいるだけなんですが。
これが自転車の魅力なんでしょうね。

つらさを乗り越えてしか味わえない喜びがある。


実は、160キロ走って、3回も泣いてしまいましたからね。笑

本当に大会を通して、とてもお世話になりました。田中さんをはじめ、健太郎さん(&奥さん)
沖田さん、参加者の皆さん本当にありがとうございました。

完走後の集合写真で締めさせてもらいます。

それでは!!!!
集合写真


集合写真2


2010.06.16 Wednesday 22:00
チャリ comments(8)
<< 2/7PAGES >>